カルガリーで生きてる!

アクセスカウンタ

zoom RSS またまた しばらくぶりです(日本滞在1)  by あおい

<<   作成日時 : 2011/06/25 07:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TOMOが忙しいので再び嫁の私がブログを書いています。

あっという間に6月も終わりで、Calgaryは夏に突入していました!
なぜに、「していました」かといいますと、
実は私と、ちびっ子2人は5月上旬から6月中旬まで日本に帰国していました。

1年10ヶ月ぶりの日本は家族、沢山のお友達にあえて嬉しかったです。
今回の滞在で私は体重が3キロも増えちゃったし、知弥の日本語はかなり
上達したし、隆弥は相変わらずマイペースだったけどすごぶる成長を見せました。

旅程の最初10日間は水戸の実家へ。
水戸の母、家族、みんな元気で本当によかった。
被災した茨城。
実家のあたりは、あっという間に復興し、いつものどおりの生活どでしたが、
2つだけ違ったことがありました。
1つ目は、毎日余震があったこと。(ちなみにちびっ子達は動き回ってたので1度も気づかず)
2つ目は、小さい子を持つ家庭は外に洗濯物を干してなかったこと。
地元の幼稚園などは毎日測量して外で遊ばせる時間をきめているところが多いらしいと。
公園行っても、ガラーンとしていたことが、「ああ、水戸は被災したんだ」と思わさせずにはいられませんでした。

水戸にいる間は、お母さんと子供たちと比較的ゆっくりとした時間をすごした気がします。
TOMOちゃんのお父さんのお墓参りもできたし、港も見れたし!

画像


2人同じ格好をして寝る・・どして(笑)?


画像

近所のモールでアイスクリームをほおばる水戸の母と知弥


画像

従兄弟と遊ぶ知弥と隆弥


さて、名古屋へ移動する途中、横浜でいつもお世話になっている添乗時代のお友達と再会。
ほとんどママになっているし、子供もいて、知弥も隆弥もおおはしゃぎ。
1泊したあと、
名古屋へ移動。新幹線に大興奮の知弥。

画像



(ちなみに飛行機も乗る前は大興奮していたのだけど、乗る前と降りるときに寝てしまい、
自分が飛行機にのったかどうか、わかってない(大笑)

添乗員の友人が1人一緒に名古屋まで同行してくれなかったら大変だった!!!

名古屋では今回の目的である、知弥の幼稚園入園でした。
日本に帰国が決まってから、すぐに探し出した幼稚園。
5件問い合わせて、1件だけ「入園許可」を貰ったのです。いや〜名古屋も待機児童が
結構いるみたいで、知弥はラッキーだったのだと思います。それもたったの3週間なのに
快く受け入れしてくれた幼稚園には大感謝です。

日本滞在2へ続く・・


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
またまた しばらくぶりです(日本滞在1)  by あおい カルガリーで生きてる!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる